Phone 0299-77-8877
For Implant 0120-600-700

 
 
一般歯科
 保険診療、自由診療を含めて、考えられるあらゆる方法を検討し、患者様のご希望にできる限り応えられるよう、治療を進めます。
 丁寧な治療で患者様のご満足を高める努力をしています。

例えば、
1) 根の治療
根の治療は歯の神経を取ったあと、 神経が入っていた根管をきれいにして、根の先まで薬を入れ封鎖する処置のことで、時間のかかる難しい処置です。
一般歯科
当院では、3つの根管充填方法(バーティカル法、 ラテラル法、オピアンキャリアー法)を症状に応じて使い分けることで、通院回数や診療費を抑えつつ、再発しない治療を行います。

2) ブリッジ装着時の試適
複数の歯のブリッジを装着するケースなどでは、技工士立会いで、試適(仮セット)を必ず行い、この段階でほぼ調整を完了します(自由診療の場合)。 ワックスアップというロウで作られた歯の模型を実際にお口にセットして、患者様に装着感をご確認いただきながら、調整していきます。
さらに調整を各段階で行うことで、より精度の高い治療が可能になります。
あとから 違和感が出て、最来院して再調整といったわずらわしいケースも、ほとんどありません。

3) 金属床の義歯

 保険の入れ歯ではどうしても満足できないという患者様には、自由診療となりますが、ご相談の上、金属床の義歯をお薦めしています。
金属床は、次のような特徴があります。
・薄くて、違和感が少ない
・丈夫で変形しにくく、われにくい
・熱伝導率が高いので、美味しく食事ができる

金属床とレジン床
金属床とレジン床

 使用する金属についても、白金加金、金、コバルトクロム、チタンなどが準備出来ますので、金属アレルギーがご心配の方への対応とともに、患者様のお好みとご予算に応じた金属床がお選びいただけます。

金属床
レジン床
薄さの比較

矯正歯科
 月に一回、日本大学松戸歯学部付属病院から、矯正歯学博士の先生が来院して治療にあたっています。
お子さんだけでなく、大人の方でも対応します。
 セラミック製の矯正装置や、歯の裏側に装着する装置などを使用して、治療期間中の見た目を良くする治療方法も、患者様の要望に応じて行っています。
矯正治療
例えば、
反対咬合(受け口)の治療
下のあごや歯が上あごより前に出ている状態が、反対咬合(受け口)です。 3歳児健診で4~5%の割合で見つかります。その際に有効な治療と、放置されたままで、または成長期に悪化して大人になってから治療するケースもあるので、その治療を紹介します。

大人の治療
かみ合わせだけが逆の場合と骨格異常の場合があり、かみ合わせだけのときは矯正だけで治りますが、骨格異常が認められる場合は、矯正と組み合わせて、口腔外科との連携による手術が必要となります。 期間も数年かかります。

子供の治療
3歳児検診などで、受け口と診断されても、「永久歯が生えるまで様子を見ましょう」と言われ、放置されるケースが多いようですが、自然に治るのは、1割に満たないので、早めの治療をお勧めしています。
当院では、幼児でも子供への負担が少なく嫌がらずに続けられるマウスピースによるムーシールド治療を行っています。寝ている間だけマウスピースを装着することで、半年から1年で効果が表れ、約9割の症例で改善が見られます。
子供用マウスピース
子供用マウスピース

治療前
治療前

治療後
治療後
歯科口腔外科
 当院で対応できる抜歯、歯周処置、口腔粘膜疾患の処置をしています。
 難症例については、日本歯科大学付属病院、東京医科歯科大学歯学部附属病院との連携医療を推進しています。
 

Copyright Asahi Dental Implant Center. All Rights Reserved.